酔漢電子工作手帳

2008-08-08

EzPortによる内蔵フラッシュへの書き込み

| 21:28 | EzPortによる内蔵フラッシュへの書き込み - 酔漢電子工作手帳 を含むブックマーク はてなブックマーク - EzPortによる内蔵フラッシュへの書き込み - 酔漢電子工作手帳

MCF52233には、EzPortという内蔵フラッシュをSPI FLASHとして見せるエミュレーション回路があります。

EzPort 機能を利用すれば、内蔵フラッシュ ROM を仮想的な SPI EEPROM として扱うことができます。

2008-08-01 - シンセ・アンプラグド

シンセ・アンプラグドを読むまで気づきませんでした。改めて、調べてみると、EzPortのFlashのコマンド体系はSTのM25P04によく似ています。相違点は以下の通り

コマンドM25P04EzPort
RDID製造者IDと製品IDを確認できるコマンド未実装
WRSRステータス・レジスタへの書き込みコンフィグレーション・レジスタへの書き込み(WRCR)
SE64Kブロックの消去2Kセクターの消去
DPディープ・パワー・ダウンプロセッサのリセット

RDIDコマンドが無いのがとても痛いです。ID確認は安全な作業の基本なのですが。特に、MCF52233では、WRCR命令でのCFM_CLKDレジスタへの適切な値の設定が非常に大事で、間違えると壊れるとReference Manualにははっきり書かれています。

背筋がよく冷える点で夏向きかもしれませんが、IC設計に携わるかたがたは、くだらないことで手を抜かないようにしてもらいたいものです。

ともあれ、あさがおの改造で書き込みは可能に思えます。

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/suikan/20080808

2008-07-29

Interface誌のColdfire基板

| 12:36 | Interface誌のColdfire基板 - 酔漢電子工作手帳 を含むブックマーク はてなブックマーク - Interface誌のColdfire基板 - 酔漢電子工作手帳

Interface誌の付録はColdfire基板です。最近のCQ出版は付録が多すぎるだろうという批判もありますが、個人的には

イヤッホーーーーーッ!

って気分ですね。68k万歳。コタツにもぐってMC68000の和文マニュアル初版を読みふけったのも、もう四半世紀前ですか。

基板は64pin DIPと同じフットプリントになっており、これは記事でも強調されているとおり、初代MC68000のフットプリントです。どこまでおっさん達をニヤニヤさせる気でしょうか。基板に搭載されているM52233はROM 256kB、RAM 32kBです。総メモリでいうと、初代マッキントッシュ並みのシステムですよ。

記事のほうは、Coldfireの概略と、付録に焼きこまれているCライクなインタープリターの解説が主体です。なお、同じく焼きこまれているgdbの解説もありました。筆者は横田さん。TOPPERS/JSP for ColdfireやTINETの移植をされた方ですね。

来月号では付録基板用TOPPERS/JSPが披露されるとのこと。楽しみです。付録基板はブレッド・ボードとの相性のよさも強調されています。なにか用意しておこうかな。

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/suikan/20080729

2008-01-17

Coldfireが熱いのか?

| 13:08 | Coldfireが熱いのか? - 酔漢電子工作手帳 を含むブックマーク はてなブックマーク - Coldfireが熱いのか? - 酔漢電子工作手帳

Monamourさんのところでで、TOPPERS/JSP for Coldfireを知ってへぇ、と思っていたら、TOPPERS/JSp MLの方には同じ方からTINET動作報告が上がっていました。

すると、hamayanさんのところでColdFire V1がやって来た ラウンドロビン実現に向けて2とのこと。

TOPPERS/JSPが乗ったのはV2、hamayanさんのはV1です。へーほー、楽しそう。

monamour555monamour5552008/01/18 17:08確かに楽しそうですね.かつてのX68000系小僧が奮起しそうです.(ていうか,もうしている!?)

suikansuikan2008/01/21 09:46ここに一人興奮しているMC68系元小僧がいるのですが、色々手一杯で首が回りません。でも楽しそう。

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/suikan/20080117