酔漢電子工作手帳

2007-09-17

MAXIIでIOピンの制御に成功

| 09:49 | MAXIIでIOピンの制御に成功 - 酔漢電子工作手帳 を含むブックマーク はてなブックマーク - MAXIIでIOピンの制御に成功 - 酔漢電子工作手帳

かねてからの予告どおり、MAXIIを使ってJTAGの実験を行い、LEDの点滅に成功しました。

f:id:suikan:20070917093904j:image

写真を見ていただくと分かるように、すでにSPI FLASH用の配線も終えています。ハードのほうは準備万端です。

作ったプログラムはこんな感じ。ターゲットを選べるようにしています。

f:id:suikan:20070917094519p:image

FT2232には例によってbit-bangモードがありますし、マイコンホストインターフェースまで付いています。ボードを起こすときには便利に使えますが、めんどくさいなら、こうやってMAX IIの付録基板を使って他ピンGPIOをJTAG越しにPCから操作するのもいいなと感じました。

CQ出版のここ数年の付録ラッシュには品質を含めて批判的な声が聞こえます。が、私としては自宅にちょっとした実験器具が増えるので歓迎です。大体、なにか思い立っても以前はマイコンなんか会社にしかなかったし、それを改造して使うわけには行きませんでした。自宅でこんな感じの治具を作れるようになるなんて、以前とは隔世の感があります。

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/suikan/20070917