Hatena::Groupecrafts

Chuckの電子工作

趣味の電子工作を中心に書いています。音関係工作はg:emusic:id:Chuckどうぞ。


検索エンジンより飛んでこられたかたで、お探しのキーワードが見つからないかたは、↑の検索をご利用ください。

2009-03-26

本買いました。

話題の本を買いました。

トランジスタティーセット ~電気街路図~ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

トランジスタティーセット ~電気街路図~ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

  • 作者: 里好
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2009/03/12
  • メディア: コミック

秋葉原電子ロボット燃え萌え百合ですね。好み…


こっちも買いました。

Make: Technology on Your Time Volume 06

Make: Technology on Your Time Volume 06

  • 作者: オライリー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2009/03/27
  • メディア: 大型本

そういえばインターフェース誌も買いましたが、開封されずに積まれています。上記2冊を優先してて…

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20090326

2009-03-23

電子工作マガジン3号

電子工作マガジンNo.3を買ってきました。先行のエレキジャック誌は加齢臭たちこめソース非開示記事がまかり通る残念なことになってしまっています。それに対して電子工作マガジンはぶれずによくやっているのではないかと感じています。マイコン少な目・汎用部品利用記事に好感。

小中高生からのお便りもあるようですしこのままの立ち位置で続けていただきたいです。プレゼント当選者の年齢を見ると3号では11歳から65歳でした。大きなおともだちの私はプレゼントに応募するのは自重しようと思います。

この分野への誠文堂新光社の参入を希望するなぁ。

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20090323

2008-09-11

エレキジャック8号

先日発売された、エレキジャックNo.8を買ってきました。

内容はマイコン5種の紹介とちょっとした使い方(含 ツールのちょっとした使い方)、あとはI2C通信の内容で、ワンチップマイコンを一度も扱ったことのない方にとってはちょっとしたとっかかりになると思います。

しかし、何かしらワンチップマイコン経験のある人には微妙なところでしょう。ブレッドボードもマイコンも本誌よりも低い金額で入手できますし、本誌記事と同等の内容はネットにも見つかりそうです。もともと周囲の人に勧めるに値するかどうか評価しようと買ったのですが、評価を伝えようとしたら「もう、バラで買っちゃった」と言われました。

マイコンは4種類付属しています(MSP430, HCS08, 78K0, AVR)。記事内容で触れているPICについてはマイコンが付属していません。そして78K0を除いて書き込み環境は付属していません。マイコンはプログラムを書き込むツールが必要なのですが、これでは書き込めないマイコンは部品箱のコヤシになるのかなと思えてしまってどんなもんかなと… 私自身にとっては、付録の中ですぐに使えるマイコンは、MSP430, 78K0, AVRです*1。あとはHCS08のスパイダーを入手すればコンプリート! って、私のことは置いておいて、どのマイコンでも廉価に作れる書込み器の紹介記事があれば良かったのですが、このあたりはいろんな事情で難しいのかもしれません。

こういったように中途半端な気もしない企画ではありますが、プログラムはC言語指向で、ページ数抑制かあるいはレジスタの詳しい解説を回避しようとする努力か を感じられます。普段使い以外のマイコンを概観するチャンスと考えればこういうのもありかなと思います。

*1:すっかり忘れていたのですがMSP430はデバッガもリファレンス本も手元あったのだと、lumさんに指摘されて思い出しました

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080911

2008-04-11

新AVR本

最近自分のアンテナが低くてイヤになってしまいます。lumさんから教えていただいたものですが、以下のAVR本が出るそうです。

試しながら学ぶAVR入門

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080411

2008-02-13

トランジスタ技術2008年3月号

目を惹いた記事。

特集 高効率パワー・アンプの作り方
D級アンプの特集記事。
p.174~のPropeller P8X32
噂の32bitマルチプロセッサ、プロペラの解説記事。MAKE誌にファウンダのインタビューがあり、そこではCordicを勉強したと言っていた記憶。log, 逆log, sinのテーブルを持っているらしい(キャラクタフォントデータも)。
p.208~のマイコンのPWMで液晶モジュールのコントラストを調整する記事
5V動作の場合だけでなく3.3V動作の話も書いてある。しかし回路図が載っていない*1トラ技記事も珍しい。

*1:WEBサイトのダウンロードサービスにある模様。

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20080213

2007-10-26

エレキジャック No.4

買ってきました。

以前 No.2 を買って読んだときには次のようなことを書いていました。

ちょっと前にCQ誌に載ったソフトウェアラジオに接続して使える、PLLによる局部発振器の記事あり。内容はPIC+74HC4046でした。エレキジャック No.2のサポートサイトを覗くとHEXファイルはあるのにソースコードはない。

(中略)

… この記事の成果をベースにした改良を積み上げることができないわけです。たいへんに残念ですね。

エレキジャック No.2 - Chuckの電子工作 - Ecraftsグループ

今回のエレキジャック No.4に掲載されているPICマイコンを使ったテルミン(プリント基板付録)では、マルツ電波部品セットを買わないとプログラムされたPICマイコンを入手できないようです。サポートページにもソースコードはおろかHEXファイルも置いてありません(2007.10.26現在)。

記事にはプリント基板へ部品を実装する上での写真付きで詳細な解説がありました。が、アルゴリズム解説もソースリストも16進数ダンプリストも掲載されていません。

DIYや電子工作を推進する立場からは、マイコンプログラミングの部分はスクラッチから自分で作れ、ということでしょうか。この記事が想定している(と考えられる)読者には相当にタフなことだと思います。

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20071026

2007-04-25

エレキジャック No.2

さっそく買ってきました。

ちょっと前にCQ誌に載ったソフトウェアラジオに接続して使える、PLLによる局部発振器の記事あり。内容はPIC+74HC4046でした。エレキジャック No.2のサポートサイトを覗くとHEXファイルはあるのにソースコードはない。

記事中では、

今回はいくつか周波数を固定したPLLとなりましたが,周波数可変させるように改良すると,短波放送に代表されるBCL受信機の局発への応用も可能でしょう.

PIC16F88にはシリアル通信の端子を備えているので,PCと接続し,PC側からPLL周波数を制御することもできるでしょう.あるいは,PICLCDと押しボタン・スイッチを追加し,ボタン操作で制御することも考えられます.

と煽っておきながら、この記事の成果をベースにした改良を積み上げることができないわけです。たいへんに残念ですね。

bobbish260bobbish2602007/08/31 07:15はじめまして。エレキジャックのNo.2 ソフトウェアラジオ用PLLのコードについてコメントします。
エレキジャックのサポートページから、ソースコードの公開をお願いしてみたのですが、対応してくれないようです。
が、Vectorで逆アセンブラの"帝"というソフトを入手して処理すると、ある程度読むことのできるソースコードになります。押しボタンの状態に対応して、パラメータが変えてある場所はわかったのですが、周波数とパラメータ(TMR1L, TMR1H)の関係はまだ解明できていません(PICも電子工作も初心者なんです)。
誰か解明して、説明していただけないでしょうかね?

ChuckChuck2007/09/02 07:54こんにちは。あくまでソース非開示ですか。
帝は優秀なツールだと思います。処理自体は4046のVCOの分周したものをマイコンに入れて、クロックの周期をカウントして、VCOの制御電圧を(テーブルで引いて?)PWMで出力しているだけだとは思います。PICはすっかり忘れたのでお役に立てませんが。

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070425

2007-04-06

BSch3Vの本

CQ出版社からBSch3Vの本が出るようです。

[品切れ重版未定2013.8.10] 回路図エディタ BSch3V (ビースケサンブイ)

趣味の電子工作で使っています。使い方はわかっているつもりですが、ご祝儀買いしようかしら。

しかし、64ページで1260円… いや、ご祝儀の多少を云々してはいけませんね。

ChuckChuck2007/05/07 14:18買いましたが、内容は満足できるものではありませんでした。ごくごく一部の機能しか紹介されていません。多少なりとも水魚堂さんにフィードバックのあらんことを。

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070406

2007-02-04

続『AVRマイコン活用ブック』

この本ですが、

2/1(発売日?)に買ってしまいました。

AVR関連の本は少ないのでご祝儀買いのつもりで買いましたが、製作もいろいろ載っているし、いいではないですか!

読んでいるうちに、この本の発刊に合わせたキットもなんとなく欲しくなってきました。通販しているStrawberry-linux見ると 今ならおまけに(簡易)AVRプログラマが付くというではないですか。いや、同じのを作って持っているし、手持ち部品で何個でも作ることも可能だし、そもそもSTK500もJTAG ICE mkIIも持っているのだけれど、おまけにつられてポチっとな してしまいました。

早々に届いたので、さっそく組み立て。

LED Game for AVR

とりあえずデモプログラムを動かして満足。

いずれ製作しようと考えているものに構成が近いので、こいつをベースに改造して実験用環境にしようかと思います。


それはそれとして、ハードもコードもこの本ぐらい割り切るということができないせいかどうかはともかく、私は手が遅いのだなぁと痛感。

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070204

2007-01-30

そういえばエレキジャック

そういえばエレキジャックを買いました。まぁ、今後に期待かな。

エレキジャック 2007年 02月号 [雑誌]

エレキジャック 2007年 02月号 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: CQ出版
  • メディア: 雑誌

馴染みの本屋さんに予約しておいたのですが、受け取りの際に「これってCQ Ham Radioの別冊ムックなんだね~」と言われ、背のあたりを見ると確かにそう書いてある。ちょっと嫌な予感*1

創刊主旨(pdf)」の

  1. 面白いものを作る―勉強のためではなく,趣味のために
  2. アンチ・ノスタルジ―懐古趣味ではなく,未来志向を
  3. 若い方に興味をもってもらう―やさしい内容だが,十分堪能できる

を読んだので買ってみたわけです*2。しかし「そうなっていないかなぁ」と思いました。

いきなり最初の記事がノスタルジーだし(記事自体はとても興味深いものなのですが)、サークル紹介記事もおじさんがほとんど、のっけの製作(mission)が「岩塩ランプで癒される」と来たもんだ。objectiveのないmissionsというのもなんだか。LEDで遊ぶならケータイの着信ランプもやって欲しかった。

個々の記事はそれなりに質が高いのだと思うのだけれど、編集されて本(雑誌)になるとなんとなく加齢臭が… 編集後記にある「いまどき電子工作するのはオジサン」(という表現だったかな) という姿勢が暗黙のうちに全面的に滲み出てファンダメンタルって感じを受けました。

きっと今後「主旨」に沿った形に修正されていくのでしょう。そう期待しています。1年間は買います(ご祝儀買い)。1年後もこんな臭いだったらやめるけど。


実は Elektor Electronics の日本語版が出ればいいなーとか思っていたりする私。

追記

編集後記にある「エレキジャック創刊にあたって」にあったのは、

… しかし,電子工作が好きなのはおじさんだよなぁ,とても若い人は読んでくれないだろう,という意見に集約していくのです.…

でした(引用部分 原文ママ)。その「矛盾と戦いながら」「出来上がったのが」今号とのこと。

今後もがんばってくださいね。

*1:「書き込み済みマイコン/ROMの部品頒布はするけれどソースの開示はしない」というアマチュア無線家の電子工作物に数多くぶちあたったことから出来た私の一方的なネガティブイメージを投影する先としてのCQ誌。

*2:1番に関しては「勉強(学習)しない趣味は無い」と私は考えるので直交しないまでも45°ですが、2,3番には深く賛同する次第です。

r0r0r0r02007/01/30 18:35うみゅー、加齢臭がするのかぁ・・・・僕についていけるかな?ww

ChuckChuck2007/02/01 07:01エレキジャックのブログが誌面より面白かったり…

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070130