Hatena::Groupecrafts

Chuckの電子工作

趣味の電子工作を中心に書いています。音関係工作はg:emusic:id:Chuckどうぞ。


検索エンジンより飛んでこられたかたで、お探しのキーワードが見つからないかたは、↑の検索をご利用ください。

2011-05-09

夜に電源ON装置

| 08:36

f:id:Chuck:20110507172804j:image f:id:Chuck:20110507172805j:image

固まるシリコングリスは一液性エポキシなので、使い余らせていると固まってしまって割高なのです。

ということで、ヒートシンクにタップ立てしてSSRをネジ止めできるようにして完成しました > ケータイやガジェットの類いの充電はよる夜中にしよう!の装置。

CdS(CdSe)で2SC1815トランジスタスイッチ→DTC144デジタルトランジスタインバータ→秋月で売っているSSRキット という構成。マイコンではありません、タイマーでもありません、回路に遅延ON/OFFもヒステリシスもありません。

希望があれば回路図を掲載するなど考えます*1

よるの夜中に部屋の灯りを消すと回路が閉じてこいつのコンセントにAC100Vがでてきます。そこに各種充電器からケータイやらiPodやらに充電するという仕組み。明かりが点くと即座にOFFです、ふふふのふ。

機器名称が揺れていますが、当面のところ「『ヨル充』装置」と呼ぼうと思います。リア充っぽいので。

*1:よそから働きかけがないとめんどくさくてかったるいモード中

2011-05-06

連休前半に作った物

| 08:33

UTC7642を使ったラジオ

f:id:Chuck:20110502130815j:image

#junkbox 第1回でいただいた3本足ラジオICをブレボに組んでみましたが、FEN(AFN)しか聞こえない。そういえばなんかうちの集合住宅は、ディストーション作ってもしくじるとFEN専用ラジオになるというほどに、鉄筋に乗ってるんじゃないかという環境でありました。

チューニングレンジも狭いし、バーアンテナとポリバリコンを良く考えないといけないかもしれません。

『電子工作マガジン』付録基板の2石レフレックスラジオ

f:id:Chuck:20110502130927j:image

ラジオ熱が冷めなかったので死蔵させていた積み基板を投入しました。

部品定数は極力合わせるも鳴らず泣きながらデバッグ。音量用の可変抵抗器が25kΩ指定のところを10kΩにしていたところが問題でした。全抵抗が25kΩになるように15kΩを直列に接続したら鳴り始めました。まったくよく練られた回路は部品感度が高い。

しかしチューニング範囲が狭くて上よりでNHK第1が入感しません。これまたポリバリコンにCを直列接続してチューニング範囲をちょっと下にずらしてNHK第1、第2、FENTBS が入るようになりました。うーん、FENTBSが強すぎる。バーアンテナのQが高いのかしら?

箱入れはどうしようかな…

風呂ブザー

f:id:Chuck:20110502130939j:image

必要に迫られてお風呂ブザーを作りました。が、音が小さいとダメをいただいてしまった。電磁ブザー品を使った回路(ただのダーリントン)に変更しました(写真なし)。

写真はダメだしされたブロッキング発振回路のものです。これは丁寧に分解して部品を再利用するつもりです。なんといってもST-32が高価だから…

地デジ用ヘンテナ

f:id:Chuck:20110502130948j:image

集合住宅の共聴がデジアナ変換になって録画装備が一部使えなくなったりするなか、県外局は共聴からオミットされたりしているので電波で受信してやろうとアンテナを作ってみました。テレビ埼玉狙いで。

結局室内設置では、ワンセグではなんとか見られる、と云う程度。ベランダに設置すれば千葉、神奈川も入るようではありました。

ケーブルが短くて、ベランダ設置→フルセグ受信 は実験できずにいます。

夜に電源ON装置

f:id:Chuck:20110502131115j:image

節電テーマということで、ケータイやガジェットの類いの充電はよる夜中にしよう!ということで、CdS(CdSe)→SSR のセットを作ってみました。SSRは秋月のキット。

夜間に部屋の明かりが消えたぐらいの明るさでSSRがONします。

予想していたよりもSSRが熱を持つので、放熱しようと思いました。しかし、ケースをここまで作ってしまって、なおかつ放熱器にTO-3的パッケージを固定する穴がありません。固まるシリコングリスを使うか、タップを立てるか、現在考え中。

ミキサ用検討回路

写真なし

ヘッドアンプ→LPF→3-band EQ という構成でアナログチャネルの入力段を検討しているのですが、LPFでもEQでも必要なキャパシタの定数のものが手持ちになくて頓挫。47nF、どこかで買わねば…

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20110506

2010-08-02

秋月のAM/FMラジオキット

| 07:44

以前にこんなWEBラジオキット by トライステート/秋月を組み立てましたが、今回は電波のラジオのキットを組み立てました。

モノはこれ → FMステレオ/AMワールド・ラジオ・キット: 組立キット 秋月電子通商 電子部品 ネット通販

8月にNHK-FMで魅力的な番組がいくつもあるということで、FMアンテナ端子があって、ライン出力できるものを求めていました。以前試作したFMラジオはあんなことになってしまったこともあり、さてどうしようかなとシアンしていたところに「コンポのFMチューナを中古ででも買えばいいじゃないか」旨のナルトをいただきましたが、手段と目的が既に入れ替わっている自作人に云うだけヤボという奴ですよ、しかしまぁあれだ、いろいろと工作の宿題を抱えている身としては深入り(回路設計とかマイコンソフトウェア開発とか)しないで済むキットがいいよね、ということで秋月で売っているトライステートの。

サクっと組み立てて音出た。底面には以前10kg買ったアクリル端材から適当なものをあてがいました。落ち着いたらハーネスを考えて箱入れしようと思います。AMがバーアンテナなので、プラケースがいいかな、と。

f:id:Chuck:20100801180310j:image

出力段が386アンプ×2(ステレオだから)なのですが、今週中には録音機と接続してみて感触をつかんで、必要に応じてプリアンプをパラっておこうと思いました。

FMの空中戦もとい空中線は、とりあえずコネクタはBNCが使えるようにしてみましたがサクっとFコネに変換して、当初は80cmぐらいの電線をつけてまぁまぁ受信したけど、置き場所によってはステレオの分離が悪かったりもしたので、集合住宅の壁コンセントに繋いでみました。

集合住宅の壁コンセントCATVパススルーだったり電話やらVDSLなイソターネットも使える物理線になっている環境なのだけれども、FMも畳み込んであって、しかし周波数変換されてしまっているのでJ波が81.3じゃなかったりとかいろいろな事情もありながら、大体300kcとか600kcごとになんか電波が居るってのはアメリカのFMみたいでいいんですよ。

とりあえずこれで行こう。前回の帰ってきたアニメ三昧でもこの環境を整えておけばよかったよ。

patapata2010/08/02 08:41ちょっと秋月から目を離してたら、こんなのがフツーに出回ってるんですねえ。
音質とか、あんなこと対策とか、どんなもんでしょう?気になります。
ラジオ聞かなくなって久しい(一昨年でしたっけ、サミットの放送があって以来)ので、ちょっとピクります。退院したら久々にリアル工作に走りたい今日この頃です。

ChuckChuck2010/08/02 15:12ちょっとお高いのではありますが、さくっと作れていい感じで使えます。
素組みして、386アンプの出力を自作のトランジスタのディスクリートアンプ、自作のスピーカを介して聞く限りではこれといった問題は見出していません。
ICの機能として信号強度をコマンド出力するようで、それを常にLCDに出しておくと表示更新のノイズがAMに乗ります(取説に書いてあります)。表示を消せば問題ありません。
バーアンテナなので金属ケースに入れるわけにはいかず、ケースはどうしたものかしばらく考えます。アクリルで作っちゃうのも手かもしれませんね。

2009-12-28

秋月の デジタル容量計キット

| 10:20

JYETECHのデジタル容量計キットが、海外サイトでは$7.80なところもあったりするのではありますが、秋月でも1400円で売られていてそれはそれで安いと思ったので買ってありました。

アルゴリズムとしてはELM ChaNさんの デジタル容量計 のように RCの充電の時間を計測しているのではないかと推測します。

組み立てに際して、パスコンのところだけ積層セラミックの手持ちのものに置き換えました。

f:id:Chuck:20091228045540j:image

47μF/25V の電解コンデンサに対してこんな値。比較のために三和のテスター(PC5000)のキャパシタンス測定モードで調べてみても同じ値を得ました。

回路図には記されているが部品表に無く部品もない、基板上no mountのパーツが数カ所ありましたが、回路図から動作を推せば no mount も理解できるので特に問題ありません。説明書が不親切とかいうこともなかったです。

組み立て後は安定して動作していてなかなかいい感じです。

ある掲示板で貶されていましたが、表示がフリーズしたり、誤った測定値を表示するようになる といった ソフトに重大な不具合 を感じるような経験はありませんでした。

いまはまだ裸基板なので、箱に入れるかそうでなくても絶縁できるだけの何か工作をする予定です。

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20091228

2009-12-27

ツェナ電圧チェッカ

| 09:46

電気電子部品を入手してきて、管理が悪いと諸元がわからなくなってしまうものですが、なかでもツェナダイオードは顕著です。

そこでツェナ電圧を測るDVM用アダプタ。ようやく箱入れ完了しました。

電池駆動にしようと当初考えましたが、ケース内にうまく確保出来そうになかったので電源アダプタ利用としました。ひも付きなのであればいっそ電灯線電源を使えるようにしてDVMもパネルメータを内蔵してしまうという手もありますですはい。

f:id:Chuck:20091228045628j:image,left 青白ターミナルに測りたいツェナダイオードを止める。ツェナダイオードに流す電流設定値は1mA/5mA/10mAの切り替え式。上面の赤黒ターミナルは電流観測用。普段使いではジャンパを飛ばしておいて、電流を測るときはここに電流計を入れて値を実測できるようにという考え。

f:id:Chuck:20091225051224j:image,left 背面に見えるのがDVM(デジタル電圧計)を接続する端子。アナログでもいいです。

f:id:Chuck:20091225051109j:image,left 内部の様子

f:id:Chuck:20091127044035j:image,left 検討中の裸基板の様子

f:id:Chuck:20091128071544p:image,w320,left 回路図。図中電池としてある部分が電源アダプタ(5~9V)になってしまっています。

出典は、

稲葉; 『精選アナログ実用回路集』, 1989年, CQ出版社

これの

404ページ 17-3 「ツェナ電圧チェッカ ― 表示をマルチ・メータで行う」

小物3―ツェナ電圧チェッカ - 電音の工場ブログ - E-Musicグループ
トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20091227

2009-09-07

俺duino環境

| 06:30

作っていたFMラジオはあんなことになってしまったけれど、自前でブートローダを焼いた 俺duino はありだと思ったので準パーマネントな環境を組みました。

いや組んだのは先月中頃なのだけれど、この週末にふと思い立って改造しました。

USB-シリアルI/Fに秋月の AE-UM232R を使用していますが、TX/RX のLED出力用ポートがI/Oに立ち上がっているので、ここにLEDを接続して光らせました。

AVRマイコンのTX/RXポートにLEDをぶら下げる作例はよく目にしますが、AE-UM232RのCB0、CB1を使っている作例をほとんど見たことがないような気がします。自分が知らないだけだと思うのですが。


改造後写真を撮り忘れたので、以下は改造前写真です。

f:id:Chuck:20090814081722j:image

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20090907

2009-08-31

週末の作業

| 07:46

週末は、

  • 5月に買ったMac miniにMac OS X Snow Leopardを入れました
  • 図書館で Snow Leopardを2冊受け取り(講談社とハヤカワ)
  • PCにカートリッジ交換式HDDのドック入れました。不調のDVD-ROMを取り外しました
  • HDD/DVDレコーダの光学ドライブを交換しました

期せずして後ろふたつともATA/SATA作業。

それぞれ単体の作業はそれほど難しいものではないのですが、機器のケーブルをはずして取り出してきたり、作業後に再設置したりといった準備・後処理に時間と体力を使いました。

Lynx-EyEDLynx-EyED2009/09/09 22:20雪豹は動作は軽快ですか?
自分は今年の5月にアルミのMacbook買ったのですが、買おうか迷ってます。

ChuckChuck2009/09/10 06:29快調です。私の環境では特に問題は出ていません。なんとなく起動が速くなったような気しますが、それは気のせいかもしれません。

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20090831

2009-08-24

小物

| 06:59

こんなのを作る程度には、やってます。

f:id:Chuck:20090823103143j:image

ピンアサイン図が便利です。他のAVRマイコンのも作ろうと思います。

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20090824

2009-08-13

FMラジオその後

| 16:04

簡易マイコンで鳴ったのでArduinoで制御することにしました。8MHz 3.3V動作の 俺duino を作るのに少々苦労しましたが、何とか鳴って箱入れ等の仕上げに想いを巡らせながら弄っていたらスピーカからのパチンという音とともにFMレシーバモジュールが死んでしまいました。アンテナ線の抜き差し時にどこかに溜まった電荷が放電して静電破壊に至ったと思われます。

今後同じモジュールを入手してラジオを作るかどうかは不明ですが、しかしその場合はなにかしら保護回路を入れないといけないなぁ…

写真は壊れる直前の実験の様子です。

f:id:Chuck:20090813085444j:image

2009-08-07

FMラジオ作業

| 06:54

f:id:Chuck:20090807042957j:image

お盆のNHK-FMの○○三昧に間に合うか?

写真を撮った後、このモジュールのGNDが接続されていないことに気づき、追作業しました。

リソース

小島小島2009/10/06 21:09もし電子工作の作品をお持ちでしたら、、、
http://www.engineeraward.jp/ele/

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20090807