Hatena::Groupecrafts

Chuckの電子工作

趣味の電子工作を中心に書いています。音関係工作はg:emusic:id:Chuckどうぞ。


検索エンジンより飛んでこられたかたで、お探しのキーワードが見つからないかたは、↑の検索をご利用ください。

2007-01-26

『AVRマイコン活用ブック』

lumさんに教えていただいて、新しいAVR本が出ることを知りました。> http://dempa.com/books/newbook.html#218

本の中の製作のキットも合わせて電波新聞社から出るらしい。

著者の松原さん(たぶん)のAVR関連日記記事 http://www.nico.to/mm/060726.html

去年の7月にこの状態で、今年の2月に本が出るとは、ものすごく速い習得・筆速。

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070126

2007-01-20

LCD

LCDキャラクタディスプレイ(秋月の20x4液晶)を去年のデザインウェーブ付属基板に接続しようとしてうまくいかないので、参考書を見ることにしました。

最初に開いたのがこの本。

しかし、なんというか、使えません。

カスタムキャラクタの周りを知りたいのだけれど、記述がない。互換なコントローラVFDのところにちょっとあったけど。

そもそもアルゴリズムと実装が渾然一体と書かれているのでよくわかりません。アルゴリズムを知りたいのにPICのアセンブリコードや、78Kのツールの解説を読まされるのは勘弁です。H8や78Kやらは Cで書いてるんだけどソースが別々で、Cで書くんならポータブルにすればいいのに…

このシリーズはこういうのが多いなぁ…

次に

この本が気になりましたが、身近の本屋になかったので注文しました。まだきてません。

しかしどうにも動かないのが気になるので、トラ技バックナンバーを出してきました。2004年2月号の特集です。

これを読んで大体の動作がわかりましたが、必要な内容がすべて記載されているわけではありませんでした。

結局一番参照したのは液晶についてきたデータシートというかペラ紙。

ということで、ようやく"Hello World"を出すことができました。

何が悪かったかというと、結線を間違えていた orz 奇数列と偶数列を入れ替えて修復。

それでもカスタムキャラクタを作るときにDDRAM/CGRAMアドレスをいじるとbusyフラグが落ちないで行ったきりになってしまったり、カスタムキャラクタが化けたりするので、もうちょっとタイミング周りを見直すことにしましょう。

しかしこの目的に対して42MHzは速すぎるのでしょう。OS使わないで書いているので、LCD処理に取られて、割り込みはともかく、他に仕事が回らない場合が出るかもしれないから、(ハード割り込み後の)ソフトウェア割り込みによるディスパッチャみたいな仕組みを入れないとだめかなー。

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070120

2006-12-13

gangan2006/12/14 22:23初歩のラジオみたいな小学生でも読めるのかと思いましたが、記事の予定を見ると微妙にそうでもないのですね。そのわりにおもちゃの仕組みなどあって、子供向けに期待!

ChuckChuck2006/12/16 09:47小中学生はスコープから外れている感じですね。昔の「初ラ」みたいな本が欲しいです。(大人になっても*初歩*の私)

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20061213

2006-10-30

復刊?

教えてもらって知りました。

http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/30/30671.htm

もう何がなにやら… < id:Chuck:20060118#p1

r0r0r0r02006/11/29 21:48本日買ってしまいました。
内容が詰まりすぎでびっくりしました・・・・orz

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20061030

2006-09-21

うーん

LED電子工作ガイド

LED電子工作ガイド

うーん…

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20060921

2006-08-17

『電子工作大図鑑』

月刊誌『子供の科学』の連載、「電子クラフト大作戦」の記事を集めて書籍にしたもの。

音モノ、光モノ、回りモノ と広く網羅して over 60製作で1800円とはお買い得な本です。

ただ紙の質が悪いです。もっといい紙を使えばいいのにと呟いたら、秋葉原の書店*1のおばさまも「ほんとよねぇ」と同意してくださりました。

追記

ああ、なぜか同日にシリコンハウスブログにも同じ本が紹介されている(Link)。あっちからネタをぱくったと思われちゃうなぁ。

*1:まだデザインウェーブADuC7026付録号を在庫している。

r0r0r0r02006/08/17 10:30>デザインウェーブのADuC7026付録号
川崎のあおい書店にも3冊ほど在庫ありましたよ;-)

ChuckChuck2006/08/18 04:24意外とまだまだあるんですねぇ。

@りま@りま2006/09/17 10:27シリコンハウスではまだまだ平積みでしたよ。ちなみに「ものすご安い」tiny開発キットを作ったのでいかが?とレジで勧められました。

ChuckChuck2006/09/18 22:16シリコンハウスは元気でいいなぁ。

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20060817

2006-06-20

メモ

Scilabで学ぶディジタル信号処理

空挺団の掲示板経由(via)。

持っているMATLABはStudent Editionだし、バージョンも古いし、Mac用なので使用する局面が極めて限られていました。今後は Scilab でいいかなぁ。

gangan2006/06/23 21:55こちらでははじめまして。なんとタイムリーなことに、昨日の昼飯にこういうハナシに詳しい同僚と「Matlab 欲しいけど高いんだよねー」などと話してました。そういえばそのとき彼が「かわりにホニャララがあるよ」といった名前を覚えられなかったのですが、そのホニャララがこれだったかもしれません。早速試してみようぞ。と思います。(とはいってもやる気と体力および持ち時間に不均衡があり着手遅れそうですが)ちなみに私の会社の業は信号処理と全く関係ありません。

ChuckChuck2006/06/27 09:03遅くなりましたが、コメントありがとうございます。
今週末ですね。図書カードを持って、本屋さんへGO!

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20060620

2006-03-28

AVRマイコン・リファレンス・ブック

id:Chuck:20060310#p1 で挙げたものです。

本屋でパッと見したところでは「データシートをちょっと噛み砕いた本」という印象でしたが、ご祝儀と称して買ってきました*1

ゆっくりと眺めてみると、なかなかの力作本です。例えばペリフェラルを動かしてオシロ写真を掲載していたりして頑張っています。

ICC-AVRながらコードサンプルもひととおり載っていますし、SPI/USART/TWIまわりやブートローダについても言及があります。ペリフェラル仕様をいちいちデータシートを印刷していた私(バカ)としてはたいへんありがたい。

インストラクションの説明もコンパクトだし、LEDピカピカやディジタル時計や超音波距離計みたいなお決まりアプリでページを浪費することもなく、リファレンスブックとしてまとまりが良い感じです。AVRでもようやくちゃんとした本(日本語)が出ました。これに誰かがアプリブックを書いてくれれば、良い組み合わせになりますね。

WinAVR についての記載は極めて少ないのが残念ですが、致し方ないところかも。ICC-AVRからの書き換えもそんなに難しくないし、わかっている人ならばなんとかなるでしょう。

AVRマイコン・リファレンス・ブック

AVRマイコン・リファレンス・ブック

*1:けっこう高い本ですから…

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20060328

2006-03-10

AVR本がでるらしい

いしかわさんの日記経由

http://www.cqpub.co.jp/hanbai/books/37/37301.htm

どうでしょ?> g:emusic:id:r0r0さん

追記

ATmega8/48/88/168が主たるターゲットとのことで、しかし石の入手性はどうなんだろう。先日マルツでAVRが増えている旨を書きましたが(id:Chuck:20060124#p1)、その後検索してみるとがっさりと種類が減っていてガックリ… 今検索したところでは ATtiny26, ATmega8, ATmega168 しか出てきません。在庫が切れていてでてこないだけ、ということならいいんですが…

トラ技

ん? CPLD基板付属なの?

http://www.cqpub.co.jp/toragi/TRBN/contents/2006/TR200604.htm

しかしだな、CQ出版社トラ技ホームページからして漢字誤変換はやめて欲しいです。

http://www.cqpub.co.jp/toragi/

付録基盤

その後修正されたようです(笑)

MITOUJTAG も収録されているらしいです。

http://www.nahitech.com/jtag/mjtrg.html

先のARM基板にRAMを繋ぐためのI/O拡張に買おうかなぁ…

追記

とりあえず買ってきてみました。

r0r0r0r02006/03/10 06:38早速、立ち読みしてみないと^^;

ChuckChuck2006/03/10 06:50レポートお待ちしております(などと…)。

マクロマクロ2006/03/10 23:03AVRは参考書が少ないっていう定説が崩壊しつつありますね。

ChuckChuck2006/03/11 07:07そうですね。入門者がどっと入り込んでくるかしら?
目次にあるようにペリフェラルをひととおり説明してあると、対象外のAVRへも応用しやそうです。

geniegenie2006/03/18 17:40>付録基盤
「4月号の特別付録は碁盤!!」くらいのおチャメをやって欲しい。

ChuckChuck2006/03/19 18:32「プリント基盤」を揶揄する意味で「プリント碁盤」の造語を喧伝するのは楽しいかもしれません。

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20060310