Hatena::Groupecrafts

Chuckの電子工作

趣味の電子工作を中心に書いています。音関係工作はg:emusic:id:Chuckどうぞ。


検索エンジンより飛んでこられたかたで、お探しのキーワードが見つからないかたは、↑の検索をご利用ください。

2007-04-25

トラ技 8月号

トラ技8月号に dsPIC の付録基板ですか…

エレキジャック No.2

さっそく買ってきました。

ちょっと前にCQ誌に載ったソフトウェアラジオに接続して使える、PLLによる局部発振器の記事あり。内容はPIC+74HC4046でした。エレキジャック No.2のサポートサイトを覗くとHEXファイルはあるのにソースコードはない。

記事中では、

今回はいくつか周波数を固定したPLLとなりましたが,周波数可変させるように改良すると,短波放送に代表されるBCL受信機の局発への応用も可能でしょう.

PIC16F88にはシリアル通信の端子を備えているので,PCと接続し,PC側からPLL周波数を制御することもできるでしょう.あるいは,PICLCDと押しボタン・スイッチを追加し,ボタン操作で制御することも考えられます.

と煽っておきながら、この記事の成果をベースにした改良を積み上げることができないわけです。たいへんに残念ですね。

bobbish260bobbish2602007/08/31 07:15はじめまして。エレキジャックのNo.2 ソフトウェアラジオ用PLLのコードについてコメントします。
エレキジャックのサポートページから、ソースコードの公開をお願いしてみたのですが、対応してくれないようです。
が、Vectorで逆アセンブラの"帝"というソフトを入手して処理すると、ある程度読むことのできるソースコードになります。押しボタンの状態に対応して、パラメータが変えてある場所はわかったのですが、周波数とパラメータ(TMR1L, TMR1H)の関係はまだ解明できていません(PICも電子工作も初心者なんです)。
誰か解明して、説明していただけないでしょうかね?

ChuckChuck2007/09/02 07:54こんにちは。あくまでソース非開示ですか。
帝は優秀なツールだと思います。処理自体は4046のVCOの分周したものをマイコンに入れて、クロックの周期をカウントして、VCOの制御電圧を(テーブルで引いて?)PWMで出力しているだけだとは思います。PICはすっかり忘れたのでお役に立てませんが。

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070425