Hatena::Groupecrafts

Chuckの電子工作

趣味の電子工作を中心に書いています。音関係工作はg:emusic:id:Chuckどうぞ。


検索エンジンより飛んでこられたかたで、お探しのキーワードが見つからないかたは、↑の検索をご利用ください。

2007-01-30

そういえばエレキジャック

そういえばエレキジャックを買いました。まぁ、今後に期待かな。

エレキジャック 2007年 02月号 [雑誌]

エレキジャック 2007年 02月号 [雑誌]

  • 出版社/メーカー: CQ出版
  • メディア: 雑誌

馴染みの本屋さんに予約しておいたのですが、受け取りの際に「これってCQ Ham Radioの別冊ムックなんだね~」と言われ、背のあたりを見ると確かにそう書いてある。ちょっと嫌な予感*1

創刊主旨(pdf)」の

  1. 面白いものを作る―勉強のためではなく,趣味のために
  2. アンチ・ノスタルジ―懐古趣味ではなく,未来志向を
  3. 若い方に興味をもってもらう―やさしい内容だが,十分堪能できる

を読んだので買ってみたわけです*2。しかし「そうなっていないかなぁ」と思いました。

いきなり最初の記事がノスタルジーだし(記事自体はとても興味深いものなのですが)、サークル紹介記事もおじさんがほとんど、のっけの製作(mission)が「岩塩ランプで癒される」と来たもんだ。objectiveのないmissionsというのもなんだか。LEDで遊ぶならケータイの着信ランプもやって欲しかった。

個々の記事はそれなりに質が高いのだと思うのだけれど、編集されて本(雑誌)になるとなんとなく加齢臭が… 編集後記にある「いまどき電子工作するのはオジサン」(という表現だったかな) という姿勢が暗黙のうちに全面的に滲み出てファンダメンタルって感じを受けました。

きっと今後「主旨」に沿った形に修正されていくのでしょう。そう期待しています。1年間は買います(ご祝儀買い)。1年後もこんな臭いだったらやめるけど。


実は Elektor Electronics の日本語版が出ればいいなーとか思っていたりする私。

追記

編集後記にある「エレキジャック創刊にあたって」にあったのは、

… しかし,電子工作が好きなのはおじさんだよなぁ,とても若い人は読んでくれないだろう,という意見に集約していくのです.…

でした(引用部分 原文ママ)。その「矛盾と戦いながら」「出来上がったのが」今号とのこと。

今後もがんばってくださいね。

*1:「書き込み済みマイコン/ROMの部品頒布はするけれどソースの開示はしない」というアマチュア無線家の電子工作物に数多くぶちあたったことから出来た私の一方的なネガティブイメージを投影する先としてのCQ誌。

*2:1番に関しては「勉強(学習)しない趣味は無い」と私は考えるので直交しないまでも45°ですが、2,3番には深く賛同する次第です。

r0r0r0r02007/01/30 18:35うみゅー、加齢臭がするのかぁ・・・・僕についていけるかな?ww

ChuckChuck2007/02/01 07:01エレキジャックのブログが誌面より面白かったり…

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070130