Hatena::Groupecrafts

Chuckの電子工作

趣味の電子工作を中心に書いています。音関係工作はg:emusic:id:Chuckどうぞ。


検索エンジンより飛んでこられたかたで、お探しのキーワードが見つからないかたは、↑の検索をご利用ください。

2007-01-20

LCD

LCDキャラクタディスプレイ(秋月の20x4液晶)を去年のデザインウェーブ付属基板に接続しようとしてうまくいかないので、参考書を見ることにしました。

最初に開いたのがこの本。

しかし、なんというか、使えません。

カスタムキャラクタの周りを知りたいのだけれど、記述がない。互換なコントローラVFDのところにちょっとあったけど。

そもそもアルゴリズムと実装が渾然一体と書かれているのでよくわかりません。アルゴリズムを知りたいのにPICのアセンブリコードや、78Kのツールの解説を読まされるのは勘弁です。H8や78Kやらは Cで書いてるんだけどソースが別々で、Cで書くんならポータブルにすればいいのに…

このシリーズはこういうのが多いなぁ…

次に

この本が気になりましたが、身近の本屋になかったので注文しました。まだきてません。

しかしどうにも動かないのが気になるので、トラ技バックナンバーを出してきました。2004年2月号の特集です。

これを読んで大体の動作がわかりましたが、必要な内容がすべて記載されているわけではありませんでした。

結局一番参照したのは液晶についてきたデータシートというかペラ紙。

ということで、ようやく"Hello World"を出すことができました。

何が悪かったかというと、結線を間違えていた orz 奇数列と偶数列を入れ替えて修復。

それでもカスタムキャラクタを作るときにDDRAM/CGRAMアドレスをいじるとbusyフラグが落ちないで行ったきりになってしまったり、カスタムキャラクタが化けたりするので、もうちょっとタイミング周りを見直すことにしましょう。

しかしこの目的に対して42MHzは速すぎるのでしょう。OS使わないで書いているので、LCD処理に取られて、割り込みはともかく、他に仕事が回らない場合が出るかもしれないから、(ハード割り込み後の)ソフトウェア割り込みによるディスパッチャみたいな仕組みを入れないとだめかなー。

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20070120