Hatena::Groupecrafts

Chuckの電子工作

趣味の電子工作を中心に書いています。音関係工作はg:emusic:id:Chuckどうぞ。


検索エンジンより飛んでこられたかたで、お探しのキーワードが見つからないかたは、↑の検索をご利用ください。

2006-01-29

PICでも面白い本がありました

CQ出版の紹介ページ

PICマイコンの基礎とセンサ活用入門

↑内容見本あります。

PICでも面白い本がありました。

というとちょっと失礼だけれど、PICを取り上げた本は初心者指向性を持っているものが大半な印象がありました。8pin PICに特化したりC言語での開発を学んだところで習作の域を脱するのが難しく、自分のアイディアを実装にまで落とし込むまでに深い溝を感じるんじゃないかなぁ、と他人事ながら思っていました。オブジェクト・ドリブンでなんでも調べる人はともかく、習得モチベーションからアプリを探るようなタイ*1だと特に…

この本はもう一歩進める上で必要になるハードウェアの回路やソフトウェアの技術をまとめてあります。なかなかこういうコンテンツWEB上に見られませんから、出版社の企画の面目躍如といったところでしょうか。

ワンチップマイコン入門本 をこなしてサンプル程度が読み書きできるようになった → 実アプリケーションに進んだが、ポートから制御しようとしたらつまづいた

みたいな流れを踏んでいる人にはいいのではないでしょうか。

どうしてこんな電気・電子回路リテラシーからやらねばならんのかというムキもあろうかと思いますが、「“PIC”先にありき」な入門も最近は多いように見えますよ、いろんな掲示板を眺めていると。

*1:定年した人が余暇に「ひとつ電子工作でも」と言っているような事例。

suikansuikan2006/02/01 12:09DIPマイコンに関してはこういう本の需要が大きいでしょうね。しかしこういう本を書くというのは知識と著述技量と使命感の全部を持ってないといけませんね。大抵、持ってるひとは会社がそんな暇をあたえませんけど。

ChuckChuck2006/02/03 08:57おっしゃるとおりです>「全部を持って」。どんな分野でも入門からちょっと頭を抜けたところっていうのが色々と難しいのですよね。

トラックバック - http://ecrafts.g.hatena.ne.jp/Chuck/20060129